インプラント口臭対策

インプラント後の口臭対処法

インプラントなら口臭対処できる

インプラントは歯の治療方法ですが、入れ歯との大きな違いは隙間なく固定できることです。入れ歯の場合は歯茎の上にかぶせて、両側の歯に金属のバネなどで固定をするという方法です。そのため隙間なく固定するということが物理的に難しい事になります。どうしても隙間ができてしまうもですが、そこに食べ物が挟まったりしてしまうと口臭の原因になってしまうのです。口臭の対処としてインプラントの場合は天然の歯と同じように扱うことができるために歯を磨くこともできるのです。入れ歯の場合は入れ歯を外して洗浄する必要もありますが、そのような面倒なことをする必要もありません。

口臭予防のために必要なこと

インプラントを行うことで口臭がする場合があります。原因としては、歯垢が溜まりやすい段差ができるため、歯垢が取り切れない状態であると細菌が増殖しガスが作り出されます。また、歯周病に似た周囲炎が発生することがあります。最終的には、インプラントを支えているあごの骨まで歯周病菌が増殖してしまうことがあります。予防のためには、汚れである歯垢をしっかりと取り除くことです。丁寧にブラッシングを行うことも重要ですが、不具合や周囲炎は自分では気づかないこともあるため、歯医者にて定期的なメンテナンスを受ける必要があります。

↑PAGE TOP