インプラントの将来

インプラント知らなきゃ損

インプラントの耐久性

インプラントの素材は、チタンからできていて硬くて強度があり、腐食にも強く金属アレルギーもほとんど起こらない安全性の高い物質です。治療は、歯肉を切開し、あごの骨にドリルで穴をあけ、人工歯根を埋め込むため、手術が必要で治療期間は長くなりますが、自分の歯と変わらない安定感があり虫歯になることもありません。人の目につきやすい前歯の治療は、インプラントにすると美しく、半永久的に持つので高価ではありますが人気のある治療法です。

他の歯へ影響のないインプラント

インプラントは他の歯に影響がないというのは歯根に埋め込むためです。入れ歯やブリッジの治療法は抜けた歯の周囲にまで影響を及ぼします。ブリッジは健康である歯を削ってしまうことにもなり、抜けた歯を支えるなど負担になってしまうことになります。しかしインプラントは抜けた歯の歯根に埋めて、そこに力がかかるようになり、天然の歯と同じようになるのです。そのため周囲の歯に影響もなく長く使用することができ、第二の永久歯ともいわれています。

↑PAGE TOP