インプラントの口臭

インプラントと差し歯の口臭とは

差し歯やインプラントによる口臭

現代では、歯の健康に気を付けているという方が増えてきているようです。毎日の食事で欠かすことができないため、歯や口内を清潔に保つことは大切なことです。最近では、差し歯やインプラントの治療を受けている方も少なくありません。しかし、そのような治療をすることは口臭が気になるという方もいます。ただ、差し歯やインプラントの治療は現代の医療が発達してきているので、あまり心配をすることはありません。日々、口内を清潔に維持することによって、口臭の不安はなくなります。治療に関わらず、歯磨きやうがいをしっかりと行うことが大事です。

口臭の原因はインプラント周囲炎

歯周病の人は病巣に細菌が繁殖しており、それが口臭の原因ともなっています。インプラントを入れる際には事前に歯周病を治療しその後に手術するのが一般的です。しかし無事装着ができても、医師の指示通りに通院し、指示された方法で適切なブラッシングを行っていないとインプラント歯周炎という歯周病と同じ症状が現れます。自分の歯に比べて歯茎の付き具合も薄く、またその形状から歯茎に汚れが付きやすく、細菌も繁殖しやすいのです。口臭の原因にもなります。きちんと手入れをすれば半永久的に使用できるものですが、手入れを怠ると最悪の場合抜け落ちてしまうことになるのです。

↑PAGE TOP