インプラント術後口臭

インプラント術後で口臭が!

インプラントの術後口臭がする

口臭の原因には歯周病菌が関係していますが、これはインプラントも例外ではありません。歯周病菌は多くの日本人が感染している身近な菌ですが、正しい歯磨きがなされていないと磨き残しの隠れプラークから増殖し、口臭の原因になるのです。インプラントの治療後は正しい歯磨きの必要性を理解していながらも術後であるため歯磨きに恐怖感を覚える人も少なくないため、十分な歯磨きがなされず歯周病菌や細菌が増殖していると考えられます。また手術した箇所の周辺が炎症を起こしている場合は細菌感染をしている可能性が高く、それが原因で膿が出ている可能性があります。そのため術後に異変を感じたらすぐにでも治療をした歯科医院で受診をし、原因を見つけ出し改善策を取るようにしましょう。

インプラントの口臭について

インプラントの治療をした後に生じる口臭は、不十分なブラッシングが原因になっています。金属と人工の歯の接合部付近に汚れがたまりやすいことが原因となっているため、歯科医院などで正しいブラッシング指導を受ける必要があります。インプラントは、周辺組織の炎症などが原因で口臭が生じる場合もあるため、歯科医院などできれいにしてもらうことが重要になっています。汚れが多い場合には、歯周ポケットを切除する手術が必要になることもあるため、炎症が起こらないような普段からのブラッシングが重要になっているため、普段のケアを怠らないことが大切です。

↑PAGE TOP